お知らせ

令和2年度野外セミナー(京都)参加募集のご案内

自然環境共生技術協会は「京都で展開する新しい雨庭」をテーマに、下記の日時で野外セミナーを開催することとしました。

日時
令和2年12月2日(水)

詳しくはこちらをご覧ください。令和 2 年度野外セミナー「京都で展開する新しい雨庭」参加者募集[PDF]

令和2年度通常総会について

自然環境共生技術協会は総会を開催いたします。

日時
令和2年9月14日(月)16時~
場所
弘済会館

通常総会終了後の特別講演会、懇親会を開催につきましては新型コロナ感染拡大防止のため、中止いたします。

森本幸裕 代表理事・会長の就任について

当協会の輿水肇会長のご逝去に伴い、平成元年第2回通常理事会(令和2年6月10日)において、森本幸裕 理事・副会長が、新たに代表理事・会長に就任されましたのでお知らせします。

2020年度 技術士第二次試験「環境部門:自然環境保全・環境保全計画」受験講習会のご案内

(一社)自然環境共生技術協会では、技術士第二次試験(環境部門:自然環境保全・環境保全計画)を受験される方々を対象に、毎年講習会を開催していますが、今年度は新型コロナ感染拡大の影響を受けテキスト販売のみとさせていただきます。
※詳しくはこちらをご覧ください。令和2年度 技術士第二次試験「環境部門:自然環境保全・環境保全計画」受験講習会について[PDF]

当協会 輿水 肇 会長 のご逝去について

当協会代表理事・会長 輿水 肇 殿(享年75歳)におかれましては、令和2年2月29日(土)にご逝去されました。

 生前に賜りましたご厚誼に厚く御礼申し上げるとともに、ここに謹んでお知らせいたします。

 輿水会長は、平成16年の当協会の発足とともに理事・副会長に就任され、その後、平成21年に高橋裕前会長の退任に伴い代表理事・会長に就任されました。この間、当協会が直面したさまざまな課題や取組みについて多くの貴重なご意見、ご指導を賜り、これまでの当協会の運営に多大なご貢献を果たされました。

 輿水会長のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。

自然環境共生技術セミナーのお知らせ

第1回~第3回 自然環境共生技術セミナーを開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。 自然環境共生技術セミナーのご案内(2019 年度)[PDF]

令和元年度 野外セミナー(東北) 参加募集のご案内

自然環境共生技術協会は、「みちのく潮風トレイルおよび周辺施設」をテーマに、下記の日時で野外セミナーを開催することとしました。

日時
令和元年11月14日(木)~15日(金)

詳しくはこちらをご覧ください。 令和元年度 野外セミナー(東北)参加者募集[PDF]

特別講演会のお知らせ

我が国の自然環境行政の最新の動向について、環境省自然環境局長に御講演いただきます。

日時
令和元年9月17日(火)17時~18時(通常総会終了後)
場所
弘済会館
講師
環境省自然環境局長 鳥居敏男氏

詳しくはこちらをご覧ください。 特別講演会のご案内[PDF]

特別講演会のお知らせ

自然再生の理論と実際の関係、自然再生に関わる人材育成について、研究室の運営や自然再生士に関わる講師の経験をもとにお話しいただきます。

日時
令和元年年6月18日(火)17時~18時
場所
弘済会館
講師
日置 佳之先生(鳥取大学農学部教授)

詳しくはこちらをご覧ください。 特別講演会のご案内[PDF]

平成31年「みどりの学術賞」輿水会長受賞決定のお知らせ

当協会の輿水肇会長が、4月26日に「みどりの学術賞」を受賞されることが決定いたしましたのでお知らせします。
「みどりの学術賞」の概要、受賞記念講演会等の詳細は内閣府ホームページ をご覧ください。

「都市農地から人口減少社会の将来像を考える -コンパクトシティのための"農"の新たなあり方とポテンシャル-」日本造園学会全国大会フォーラム開催のお知らせ

都市農地は都市部における貴重な緑地空間であり、農作物の供給だけでなく、教育や防災、環境保全上の観点からも多くの重要な役割を果たしています。

本フォーラムは、都市農地に着目し、今後の生活空間における「農」の果たす新たなあり方やポテンシャルについて、理論と実践の両面から議論を深め、コンパクトシティを進める上で課題となる非集約エリアも含めた持続可能な都市の将来像を検討するキックオフとして開催されるもので、NECTAの後援行事となっています。

日時
2019年5月24日(金)13時45分~17時30分
場所
つくば国際会議場3F中ホール300

※詳細は、(公財)日本造園学会のホームページ をご覧ください。

「自然環境分野における気候変動適応に寄与する技術・事例集」公表のお知らせ

NECTA 研究委員会(自然再生技術研究会)では、自然環境と密接に関係する「気候変動適応」について施策動向の把握と今後の研究の方向の模索を行ってきました。

今般、これまでに収集した、気候変動適応に寄与する技術・事例について中間的に取りまとめた「気候変動適応技術・事例集」を作成したので、これを公表することとしました。
※本文は、NECTAライブラリのページに掲載しています。